子供が育てているトマトの苗が枯れてしまった理由

幼稚園の教育の一環で、野菜を園児たちが育てているそうです。季節にあわせて、さつまいもや、豆、イチゴやトマトなどいろんな種類の野菜をみんなで育てているのですが、最近はミニトマトの苗を一人一株植えて育てているようです。

ある日、うちの子供がしゅんとして幼稚園から帰ってきました。理由を聞くと、自分のトマトの苗だけ元気がないそうです。先生から、「もしかしたら、鉢が小さいから育たないのかな」と言われたようです。うちの子の鉢は、家庭で用意するサイズを間違えてほんの少しみんなのより小さいのですが、わずかな差なので違う気がするなぁ・・・と思い子供に育て方を聞いてみました。「お水はどうやってあげてるの?」「腐るといやだなぁって思ってちょっとづつあげてるの」

原因はわかりました。水が少なすぎるのだと思いました。とりあえず、明日からもう少し多めにあげてみたら?とアドバイスしてみました。数日後、子供は大喜びで「トマトちゃんとなってきた!」と嬉しい報告がありました。原因がわかってよかった!ところでトマトって元気がなくなる頃に水をあげると、ストレスで甘いトマトになるそうな。もしかしたら甘いトマトになるかも?とちょっと思いました。