ネイティブの生涯と僻地自治とNPO法などについて

生涯と故郷自治などについて実践しました。1996カテゴリー、新潟県内巻ストリート(現新潟市)で原子力発電フロアを巡り、町民投票法規が制定され、投票がおこなわれました。のち、方々で町民投票法規が制定され、町民投票がおこなわれていらっしゃる。また、市町村調合の賛否を伺う町民投票では、中学校にも投票を認めた業者もあるそうです。一方、NPO(非財テク機構)の集中がめだつようになってきました。NPOは、勉強・文化・診療・福祉・インターナショナル協力など、さまざまな地域で活動していらっしゃる。たとえば、阪神・淡路災害では100万人をこえる有志が解放集中に参加したが、上述有志と取り入れ機関とのアナウンス役などにもNPOが大きなキャパシティーを果たしました。また、NPO を人前貢献の先方として位置づける事もあります。国は、NPOの集中を支援する結果、NPO法(1998カテゴリー)を開設したが、自治体でもNPO法規を開設講じるところが増えています。このことを勉強して、NPOがあって良かったなと思いました。

電車や移動する時のイヤホンって…何聴いてるの?(笑)

朝、いつものように電車に乗っていると、

横の人からなにやら音楽が。

今流行りの曲は全く知りませんけれども、

それにしても不思議な曲をかけてました。

特に歌詞があるような感じでもなく、

吹奏楽部なのかな?と見てみても

スニーカーにジャージでなんともぽくない。

(勝手に憶測すんな)

とりあえず、終始不思議な音楽がかかっていたので

勝手に一緒になって聞いていました(笑)

私も、イヤホンを1万円くらいで買いました。

なんか、1年前?2年前?にヘッドホンブームにつられ

ヘッドホンではなく、イヤホンを購入しました。

音の性能が良いだかなんだかで。

結局、さほど使っていません。

あんまり音楽を聴く習慣がなくって。

ただ、

街中でヘッドホンやイヤホンをつけてる人が多くて

流れにつられて買ってしまいました。

なので、ライブやコンサートも行ったことないですし

CDとかも一切買ったことないですね。

これまで、私にとってはあまり必要性を感じなくって。

電車の中でみんなイヤホンして音楽聴いてますよね。

毎日思いますが、本当に不思議な光景です。

(私にとっては)

聴く音楽もないし、イヤホンを持ち歩くのも面倒。

イヤホンの線がカバンの中で絡まって

「いやー!もう!」って怒るのが見え見えなので(笑)

究極の面倒くさがり屋はこうなります(笑)https://bizhotel.jp/