彩カテゴリーとコロナやプロミネンスなどについて教育

太陽系などについて勉強しました。彩部類見せかけに窺える暗く長い条はフィラメント(暗条)とよばれますが、これはプロミネンスが日の表にあるために物悲しい条として言えるものです。輝き球の外部は、輝き球の明るさにじゃまされてふつうの望遠鏡では測量できません。しかし、皆既日食のこと月にかくされた輝き球の外部にロゼのない部類です彩部類と、その外部に大きく強まる真珠色調のコロナが見える。彩部類は水素が押し流す赤色の輝き(波長0.6563μm、Ha線という)など、限られた波長の輝き(単色輝き)だけを通すフィルターを用いて測量されます。Ha線で見た彩部類には複雑な縞様子があり、明るくきらめくスポットや黒く長い条が見られます。こういう条はフィラメント(暗条)と効く、日の由縁に見て取れるプロミネンス(紅炎)と同じものです。明るく窺えるところはブラージュとよばれます。このようなことを覚えましたが、知らないことを勉強できたので知れて良かったなと思いました。http://www.zeorymer.com/yoyaku/