子供が育てているトマトの苗が枯れてしまった理由

幼稚園の教育の一環で、野菜を園児たちが育てているそうです。季節にあわせて、さつまいもや、豆、イチゴやトマトなどいろんな種類の野菜をみんなで育てているのですが、最近はミニトマトの苗を一人一株植えて育てているようです。

ある日、うちの子供がしゅんとして幼稚園から帰ってきました。理由を聞くと、自分のトマトの苗だけ元気がないそうです。先生から、「もしかしたら、鉢が小さいから育たないのかな」と言われたようです。うちの子の鉢は、家庭で用意するサイズを間違えてほんの少しみんなのより小さいのですが、わずかな差なので違う気がするなぁ・・・と思い子供に育て方を聞いてみました。「お水はどうやってあげてるの?」「腐るといやだなぁって思ってちょっとづつあげてるの」

原因はわかりました。水が少なすぎるのだと思いました。とりあえず、明日からもう少し多めにあげてみたら?とアドバイスしてみました。数日後、子供は大喜びで「トマトちゃんとなってきた!」と嬉しい報告がありました。原因がわかってよかった!ところでトマトって元気がなくなる頃に水をあげると、ストレスで甘いトマトになるそうな。もしかしたら甘いトマトになるかも?とちょっと思いました。

最近の東京渋谷事情とヒカリエの存在について

東京の中でも若者の町として名高いのが渋谷ではないでしょうか。
また外国人観光客の観光地としても有名でして、渋谷のスクランブル交差点では必ずと言っていいほど写真撮影をしている外国人に出くわすことが多いです。
若者の街と言われるだけあって、新宿や銀座と比較すると年齢層は低めなのを感じます。
しかしこれは渋谷駅のハチ公口においての話であって、宮益坂方面のヒカリエ付近では少しですが年齢層が上がっている状態です。
それはヒカリエという商業施設兼オフィスタワーがあるためでしょう。
ヒカリエの11階からはオフィスへと入ることができ、かつてビットバレーと呼ばれたIT企業の人々がこのオフィスに入っています。
例えばDeNAやLINEなど国民のほとんどが知っているIT企業もオフィスを連ねている状態です。
そのためハチ公口とヒカリエ当たりでは人の層が圧倒的に違う状態です。
ヒカリエはできて間もないビルですが、若者の町にとっては異質な領域を生み出している状態です。ラココ 脱毛 入会金